雑記

日本とヨーロッパの有給休暇の取り方

こんばんは、丸の内OLです。

今日会社で仕事関係の資料を読んでいたら面白い内容の記述があったのでお伝えしたいと思います。

その資料はとあるシンポジウムでの講演を文字起こししたもので、東大の労働法を専門とされている先生がスピーカーでした。

今年4月から有給休暇を5日取得することが義務化されるのは報じられている通りですが、そもそも付与日はもっと多いので5日取ることを義務化する、という話からして日本人が有給休暇を取得していないことは明らかです。

丸の内OLの会社でも、昔よりは改善されてきたと言っても有給休暇は取らない人が圧倒的に多いです。

自分自身もあまり取得していなくて、ここ数年意識的に取るようにしていました。

今年度は年度の初めに月1.5日取得することを目標にして頑張っていました。

12月までは目標を達成していたのですが、結局先月は急に仕事が忙しくなってしまい年度の達成率は100%に残念ながら達成しませんでしたが。。

さて、ここで冒頭のシンポジウムの話に戻ります。

ヨーロッパでは数週間のまとめた休暇を取得し「バケーション」として家族で出かけたりすることがありますが、これってなぜ達成できると思いますか?

実は年度の初めに休暇の全部の日数を「どこで」「どう使うか」をちゃんと所属員同士で調整して、業務量と必要な人材を調整しているそうなんです。

例えば「2月に家族とスキーに行きたいからここで3週間休みたい」とか、「7月にリゾートに彼女と行きたいから2週間〇日から休みたい」とスケジュールを出し合います。

ヨーロッパでは休暇の希望は労働者から出しますが、決定権限は使用者(会社側)にあるので、「Aさんと被るのでちょっとここずらして」とかを交渉して決めます。

そして「ここの仕事の工数に比べて労働力が足りないな」というところがあったら、そこだけ短期の流動的な労働力などで手当てすることもします。

ヨーロッパ(というかアジアとかもそうですが)では、仕事内容を明確に決めて雇っているので日本でよくありがちな「誰かが有給休暇の日にその人の分の仕事もやらなければいけないので休みにくい」とかは発生しにくい、という背景ももちろんあると思います。

でもこの「年度計画として休暇スケジュールもちゃんと決めてしまう」というのは、ある意味ビジネスとして理想的な形ですよね。

ある意味、有給休暇は給与に含まれる休みな訳ですから取ることも業務のうちと言えるわけですし。

線表とか引いて業務計画を立てる際に休暇スケジュールもタスクの一つとして入れるべきですね。

とは言っても、日本企業の今の業務のやり方でそのようなすり合わせができるようになるのはまだまだ先でしょう。

「いつあなたは休暇を取るの?」「有給休暇暇まだ残ってるけどなぜ取らないの?」などと会社側は気にかけてくれませんから、自分自身で有給休暇は「年度の初めに計画して」しっかりとるようにしましょう。

有給休暇を意識的に取るようになると、案外それでも業務は何とかなってしまう(何とかするためにはどうしたらいいのかを考えるから)し、なぜ今まで取らなかったのか?と意識が段々変わってきます。

そして、会社の仕事から離れる時間が増えることで新しいことを考えたり取り組んだりする気力もわいてきます。

今年度もあと1ヵ月。

来年度は新しい考え方をしてみませんか?

 

そして、そんな風に丸の内OLが有給休暇を取っていろいろ考えたりまったりしている間も稼いでくれるのがほったらかし投資のよいところ。

新しい投資案件が絶賛募集中!の不動産クラウドファンディングに現在32万円投資中!

ボーナス支給に向けての準備②~不動産投資クラウドファンディングってなに?~こんばんは、丸の内OLです。 準備第1弾はこちらの「FX自動売買」 ボーナス支給に向けての準備①~FX自動売買~ 口座...
ボーナス支給に向けての準備②-2~不動産投資クラウドファンディングってなに?~こんにちは、丸の内OLです。 先ほどの記事がちょっと長くなりそうだったので、初めての枝番管理です。 さて「不動産投資...
CREALに投資することを決めたセミナーこんばんは、丸の内OLです。 先日CREALのセミナーに参加したことについてつぶやいていました。 ➡CREAL...
【体験談】OwnersBook初心者向けセミナーこんばんは、丸の内OLです。 先日ソーシャルレンディングの老舗ともいえるロードスターキャピタルが提供しているOwnersBookの...

特にオススメCREALの現在募集している駒込保育園投資案件!

駒込は有名ママ向け雑誌VERYでも「保育園に比較的入りやすい」と記事になった東京都豊島区にあります。

以前は東京都北区が「保育園に比較的入りやすい」区として有名だったのですが、近隣市町村から子育て世代が移り住んできたことで、今では前よりも入りにくくなっているそうです。

恐らく豊島区もそのような現象が起こるでしょうし、何より駒込は山手線沿線ですから保育園ニーズが落ちることはないでしょう。

と考えると投資対象として魅力はもちろんありますし、意義のあることにお金を投じたいなという気持ちになり微力ながら投資しています。

 

本日もお読みいただき、どうもありがとうございました。

Enjoy your day!丸の内OLでした。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です