前ブログはこちら➡➡➡
株式指数自動売買

ひまわり証券でくりっく株365!

こんばんは、丸の内OLです。

投資対象として、昨年末にFXを取り入れて「証拠金」を置いて投資するということを始めました。

それまでは「証拠金を入れてレバレッジを掛けて運用するなんて怖い」と特に勉強もせずに思い込んでいたのが実際のところです。

株式取引も信用取引などは全くやったことがなく、現物取引オンリーでした。

ただ、FXをしばらくやってみて思ったのは「きちんとリスク管理をして投資判断を行って投資すれば、それはギャンブルではなくて有効な投資になるんだ」ということでした。

そこで、今回「くりっく株365」についても投資を検討してみることにしました!

ひまわり証券 くりっく株365

くりっく株365ってなに?

「東京金融取引所」とは

 

株式を取引する「東京証券取引所」は知っている人も多いかもしれません!

「東京金融取引所」も同じように公正性、信頼性、利便性に優れた市場を整備しているんです。

 

「東京金融取引所」で取り扱っているのは金融デリバティブ商品で、

「金利」「為替」「株式」

を投資対象とする商品が上場しています。

ちなみに取引所はこんな感じです😊

 

今回チェック目を付けた「くりっく株365」は「取引所株価指数証拠金取引」の愛称で、「株式」分野に分類されるものです。

具体的な取引対象は「国内外の株価指数」になり、証拠金を入れて取引を行います。

「株価指数」とは

 

「株価指数」は、取引所そのものや特定の条件を満たす銘柄の株価の動きを示すものです。

当初定めた「基準日」の平均株価を基準にして指数は算出されます。

 

例えば日本で有名なものだと「日経225」が挙げられますが、これは1949年5月16日の平均株価を基準にしています。

 

「くりっく株365」ではこの「日経225(日本)」や「NYダウ(アメリカ)」、「DAX(ドイツ)」、そして「FTSE100(イギリス)」に投資することができます

「証拠金取引」とは

 

「証拠金」とは、取引を行うためにあらかじめ預けておく担保のことです。

「東京金融取引所」が週に1回各取引で必要な証拠金の最低金額を見直していて、それをもとに各証券会社で必要証拠金を定めています。

この「証拠金」を入れておけば、それを担保にして少額で効率よく運用することができます。

ここが丸の内OLは一番怖かったところなので、初心者の方にはぜひ良く読んでいただきたいのですが、少額で効率よく運用できるということは逆に言えば想定を大きく外れると損失を被るリスクもあるということです。

ただ、「レバレッジをかけすぎない」そして「余裕を持って運用をする」ことを心掛ければリスクはかなり軽減され、メリットを多く実感できます。

包丁は「怖いから使わない!」のではなく、「こう使うと危ないから気を付ける」ということを認識したうえで使う、ということですね^^

「くりっく365」のセールスポイント

①ほぼ24時間、祝日も取引できる

例えば日本の現物株取引をしようとすると、平日の昼間にしかマーケットが開いていないので勤め人の丸の内OLからするとPCでマーケットが動いているところをずっと見ていることはできません。

「くりっく株365」はほぼ24時間、そしてポイントなのは祝日も取引できるというところです。

土日はお休みなので、そこは取引する側もゆっくりして今後の方針を考えることができますね。笑

この「祝日も取引できる」というのは、特に今年大きなアドバンテージになります。

2019年のGWは10連休になるからです。

このGW期間中、東京証券取引所はお休みなのでその間の世界のマーケット動向によっては長い休みが明けた後に大きな株価の変動が発生するリスクがあります。

そんなときにも「くりっく株365」は取引ができるので、例えば現物取引のリスクヘッジに活用する、という使い方もできます◎

②配当がもらえる

現物株は配当をもらうことができますが、実は「くりっく株365」でも同じように買いポジションを持っている場合は配当をもらうことができます

合わせて、金利の支払いもしなければいけないのですが、今はその計算根拠になっている金利が0なので実際のところは支払いはありません。

ちなみに売りポジションを持っていると金利がもらえて配当を支払う逆の立場になります!

③決済期限がない

一般的に「限月(げんげつ)」と言われる決済期限が「くりっく株365」にはありません。

なので、証拠金に余裕があればいつまでもポジションを持ち続けることができます

ということは、定期的にチェックとメンテナンスさえしておけば、みんな大好き「ほったらかし投資」の手段としても使えるということですね♪

マーケットが開いている時間が長いことを生かして、短期間でデイトレしてもいいですし、中長期で配当金をもらうことを目的に買いポジションを持っておく、ということもできます^^

 

ひまわり証券を選ぶ理由

さて、今までは「くりっく株365」について調べてみました。

ではその「くりっく株365」いいじゃん!取引したい!となったら、どうすればいいのでしょうか?

取り扱いしている証券会社で口座を開設すればOKです!

なかでも「ひまわり証券がいいな」と思ったのはこんな理由によるものです。

①手数料が業界最安値

使い方によりますが、売買が発生する都度に支払う手数料が高いとせっかく利益を得られても手元に残る金額が少なくなってしまいます。

複数ある「くりっく株365」を取り扱っている証券会社の中でもひまわり証券は手数料が最安設定です!

②「ループ株365」が使える

ひまわり証券のFX自動売買システム「ループイフダン」は、丸の内OLが取引している「トラリピ」と同じように「一回設定しておけば自動で売買してくれる」と人気のシステムです。

それの「くりっく株365版」ともいえるリピート系注文システムがひまわり証券なら使えます!

ひまわり証券 くりっく株365

ちょっとでも興味を持った方は、口座開設だけなら無料ですしまず準備だけでもしてみましょう!

 

丸の内OLもさっそく取り組んでみたいと思います♪

また投資実績レポも楽しみにしていてください^^

 

本日はとーっても長文になってしまいました。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

Enjoy your day!丸の内OLでした。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です