雑記

天下一品祭りに思う~1時間の値段とは

こんばんは、まるねぇです。

実は昨晩、こちらを仕事の後食べに行きました。
天下一品のラーメンです。

わたし、ラーメン大好きで特にこってり系をこよなく愛しています。
しかし、栄養的に考えたら糖質と脂質の塊であり確実に太ることに貢献するので、
数か月に一回程度しか食べないよう自制しています。

ちなみに天一のラーメンはこってり、ニンニク入れるのが好きです。

仕事が以前忙しく夜21時くらいまでの残業が続いていたときは、あまりのストレスに2日連続このこってりラーメンを欲し食べに行ったことがあるくらいです。笑

さて、昨日天一に行ったのは実はこれがきっかけでした。

現在行っている「天下一品祭り」で10/1には

「1杯食べると1杯無料券がもらえる」というBuy One Get One Freeな状態

だったのでコスパにうるさいわたしとしては絶対に行かねば、と思ったのです。

仕事の最寄りの店舗まで行ってみると、この状態。

写真で見切れるくらい後ろまで人が並んでおり、おそらく50人はいます。
ここの店舗は普通の座席はおそらく30人分くらい、あとは宴会用の座敷です。

宴会用の座敷はそんなに回転しなさそうですから、これは1時間程度かかる可能性があると判断し、あっさり転進

そして翌週、リベンジして冒頭の写真を撮りました。
ちなみに、一杯無料券がもらえるのは一日だけだったのでこの日は定価です。

さてそんなついに天一ラーメンにありつけた日のお店の様子がこんな感じ。

はい、誰も並んでません。
待ち時間ゼロでした。

東京で天一のラーメン食べると並盛で790円(税込)なんです。
一枚無料チケットもらえればそりゃお得ですけど、その395円のオトクのために1時間待ってロスする価値を考えたらトータルでほんとにオトクでしょうか?

当たり前ですが時間って有限で、会社員として働いていたら自分の本当に自由にできるじかんなんて限られています。

その中でセミリタイアに向けて、1時間あれば本を読んだり株式の研究をしたり、不動産の物件を探したりすることがどれだけできるかな、と思ったら待つ価値はないな、と思いました。

普段何気なく過ごしている時間も、健康に過ごせる有限な時間の1部であることを認識しながら時間を使っていきたいです。

ちなみに余談ですが、天下一品祭りの間は一人一枚クジを引けて、引いたら50円割引券と非売品のこんなのもらいました。

これ、メルカリで500円ほどで売られてたので、もし売れたら10/1に待ってたのとほんと金銭的負担はほとんど変わらないかも?と思いました。笑

と、天一から得た「時間の価値」でした。

本日もお読みくださり、ありがとうございました。
Enjoy your day!まるねぇでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です